折り紙構造をiDecoraで作る


久々のiDecora(´,,・ω・,,`)

去年のクリスマスに自分用プレゼントとして買ったこちらの本。
Complete Pleats: Pleating Techniques for Fashion, Architecture and Design

紙だけでなく、布や建築など色々な素材に展開できるプリーツ構造を解説した本です。
今回はこの折り紙構造をiDecoraで作って行こうと思います。

まずは展開図をイラレでトレースして、iDecora Creatorへ。展開図自体は難しくないので、あっという間に終わりました。

次に画用紙をiDecoraにセットし、紙をカットしない程度まで刃を調整。今回はカットするのではなく、傷をつける感じです。

周囲部分はカッターナイフでカット。複雑な場合はマークしてもう一度刃を調整してカットすると楽かも。
カットした後は、切れ目に併せてジグザグに折っていきます。

できた!
このままでもかなり良い感じなのですが、今回は別マテリアルに展開してみます。
この紙を型にして布をプレスするのです。

同じものをもう一つ着くって、布(今回はタフタ布)を挟みます。

挟んだまま、プリーツを寄せていきます。
ここ、難しいかなと思ってたら全然簡単でした。

プリーツを寄せたら、糸でぐるぐる巻きにします。

そしてアイロンのスチームを当てます。タフタ布、熱に弱いかなと思ったんですが、アイロン押し付けても問題なかったです。
(でも厚みによるので要テスト)
冷ましたら、糸を切ってほどくと…。

できたー!すごいくっきりプリーツが出て感動。

これをくるっと巻くと、こんな立体的な構造になるんですよ。
プリーツ(折り紙構造)は建築やデザイン、ファッションでも使われていて、知れば知る程奥が深いなあと感じます。

通常なら、方眼紙を折るといった準備段階が必要で、けっこう大変そうだと思っていたのですが、
iDecoraの様なカッティングマシーンがあると、かなり手軽に作る事ができます。

折り紙構造の世界、よかったら踏み込んでみてください!

Complete Pleats: Pleating Techni...

Complete Pleats: Pleating Techni…
価格:6,220円(税込、送料込)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です