電導糸でニット編んでみた


まだまだ道のりは長い…。(・ω・`;)

「電導糸」は銅線の様に電気を通す糸。手袋に縫い付けることでスマホを操作できたり、テクノ手芸なんかでも使われています。

ウェアラブルテクノロジーのジャンルでも、この糸を使った色々な作品が作られています。
以前ワークショップにも参加したAfroditi Psarraさんの作品「Lily KORG」は、布のシンセ。
各パーツを電導糸でつなげていて、カワイイのにけっこう重たい音が出てビビります。

さて、以前秋月電子でロールで購入した電導糸。今回はこれをどうしても「布」にしてみたい。
学校のニッティングマシーンを使って編んでみる事に。

最近使い始めたニッティングマシン。慣れるまでけっこう難しい。

試作品。元々ニッティング用の糸ではないのでほつれやすく、伝線が入ってしまいました(汗)

でもちゃんと電気は通ってます。

線ではなく面になった電導糸。タッチセンサーなんかに使えそうですが、せっかく編んだんだし伸び縮みする特性を活かしたいところ。
もう少し色々試してみようと思います。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です