Ralli Quilt ラリーキルト


父の誕生日用に、ちまちまと作ってみました。

ラリーキルトのコースターです。

父がパキスタンに出張に行った際、ホテルのベッドにかけられてたキルトが
とても温かみがあったそうで。それが「ラリーキルト」

ラリーキルトと言うのは、パキスタン等の地域の手工芸。
鮮やかな布に、こちらも鮮やかな糸でまっすぐ縫っていくのが特徴。
糸が行って戻ってくるから、「ラリー」という名前がついてるんですな。

今回は黒布に、いろんなカラーの刺繍糸でラリーしてみます。

もちろんキルト用綿なんてなかったので、タオルで代用しましたが…
これが後で苦労する原因になりました。
先に申し上げておくと、キルト用綿の方がやりやすいです(汗

袋状に縫った後、角っこを糸で縫いとめてから、

ひっくり返します。

この状態からラリースタート!(運動会みたいだな)

100円ショップで買った刺繍糸を使います。けっこう色々入ってます。

「まっすぐ縫うだけだし、あっという間だろー」と思って縫い始めたのですが…

キルト綿の代わりに入れたタオルのせいで、固いのなんの!
しかも白タオルの糸をひっかけて出てきちゃったりと、苦戦しまくり。

この辺りで一度ギブアップ。指が痛いww

その後も時間を見つけては、ちまちまと縫っていったのですが、まあ時間かかるw
完全に修行の気分です。でもおかげで、あのペラペラだった布地が、しっかり分厚い感じに。さすがです。

完成!
途中の縫い目の粗さが、心の弱さを物語りますww

まっすぐ縫っただけなのに、布地が本当にしっかりします。
キルトは初めてだったので、これは純粋にびっくりしました。

刺繍糸の色が鮮やかだったこともあり、思いのほか良い感じに。
喜んでもらえたようでよかったよかった。

ちなみにラリーキルトは手芸品なので、買うとけっこう値段がします。
でも今ならこの値段もわかる気がする…すごい手間だもん(汗

古い色柄の布に、鮮やかな色を足すというのがパキスタン流な気がします。
時間がある冬場の作業として、いいかもしれません。

ラリーキルトポーチ Sサイズ/全2色

ラリーキルトポーチ Sサイズ/全2色
価格:950円(税込、送料別)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です