iDecoraでつけまつげをDIYしてみた


★追記:つけまつげのデータが無料でダウンロードできるようになりました。詳細はこちら

こんにちわ。技術のチカラで己の妄想を片っ端から現実にしている西垣内です。

前回のiDecoraでオリジナルクッキーに続き
今回は「つけまつげ」にチャレンジしてみました。


紙つけま「Paper Eyelash」は、去年日本にも上陸して話題に。

今回はappalachianの洋子嬢にモデルになってもらいました。

若干ゴス系なのは作者の趣味です。 それではどうぞー。

イラレでシェイプを作ります。
今回は素材集のパターンを切り貼りして作りました。

また今回は紙ではなく、黒のカッティングシートを使います。
紙でも作ってみたのですが、厚みが合わなかったらしく
キレイにつけまつげと合体してくれませんでした。

カッティングシートなら、シールなのでつけまつげにも
簡単につけることができます。

かなり細かい曲線でも綺麗に切ってくれました。
今回はアシンメトリーにしたかったので、片方には
蝶を止まらせてみました。

100均で買ったつけまつげ。
これに先程カットしたシートを貼ります。
粘着部分が表になるので、ベビーパウダーを
少しはたきます。

ペーパーアイラッシュ完成です。

これは…良い感じじゃないか?

通常のつけまを着ける要領で、
洋子嬢につけてもらいます。

何コレかわいい。
自分で作っておいて何ですが、可愛いです。
普通のつけまと全然印象違う!


蝶の部分はちょっと重かったようです。
土台のつけま自体を、もっと長さがあるものにすれば
もっとデコラティブにできそう。

せっかくなので、こんなのも。
ジャパニーズつけまつげw

片方には東京タワー、スカイツリー、浅草の雷門
そしてなぜか国会議事堂…。

もう片方には五重塔、富士山、桜など…w。
ぶっちゃけこんな細かいシェイプ、
カットできるとは思いませんでした。

完璧です。

東京タワーがまつげに隠れて見えないーw
もっと背を高くすればよかったか。
和風なシルエット、わかりますでしょうか…?

手では難しい繊細なカットがキモの「紙つけま」。
これはiDecoraにしかできないクラフトだなー。

デザイン次第で印象がぐっと変わるし
パーティやコスプレなんかにぴったりです。
また作ろうー!

今回は海外のDIYサイトを参考にしました。
こちらは紙ですが、素敵なつけまつげを自作されてます。
↓↓
DIY Tutorial: Paper Cut Eyelashes

—————————————————
TOOL DATA:

オンライン販売価格:20,790円(税込) →製品情報を見る




Roland DG 「iDecora

iDecoraの中の人のFacebookページ → iCreators Facebook Page
—————————————————


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です