紙とレジンで作るバタフライ・オーナメント


こんにちわー西垣内です。iCreatorさんのFBアカウントで紹介されていた、紙にレジンを染み込ませて作るアクセ。クラフト用紙+レジンのテクスチャーが素敵でした。
ちょうど近いブツを作った写真があったので、流れに乗っかって作り方をアップ。それではどうぞー。


——————————————————

レジン+αの素材の組み合わせは、色々な可能性があって面白いです。冬はレジンの粘度が高い(堅い)のですが、この時はそれを逆手に取ってみました。

蝶の形に切った薄ーい紙に
レジンをペタペタして染み込ませていきます。

寒いけど部屋の温度は低めで。
ちなみに夏に同じ作業をしたところ、
暑くてレジンの粘度が低く、紙に全く
定着してくれませんでした(汗

塗っては1日程放置して硬化を待ち、
硬化したら塗る、を繰り返すと、
厚みと重みが出てきます。

最後にマニキュアで塗って蝶の立体感を出します。
胴体や羽部分に小さな穴を開け、丸カンを付けます。

赤い和紙で作ったお花にチェーンを付け
蝶を取り付けて完成です。

当時はレジンを初めて触ったこともあり
試行錯誤しながらだったので、ひたすら
手間がかかったのを覚えています(汗

実は大がかりなモノも作ってます。
以前恵比寿のMagic Roomでのイベント時に、展示させてもらいました。
真ん中のウェブカメラが、蝶の動きを捉えてサウンドを流します。

レジンがまるで水のしずくの様になったのは実は全くの想定外。
触ってもらう前提で作った作品なので、思わず手に取ってしまう質感が出たのは嬉しかったです。

使用したレジンはこちらです。100均のレジンは使ったことが無いのですが、粘度が変わらないなら全然良いのかもしれない。

NEWクリスタルレジン 300gセット

NEWクリスタルレジン 300gセット
価格:2,862円(税込、送料別)


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です